04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

comment -- / trackback --

△page top

イカスミ求めて六千里 


引き続き、イカスミ狙いで海辺にいるのですが、魚が2ダース釣れるくらい粘っても、イカは見当たらず。
…と、ここで数日前の記憶がよみがえりました。


そういえば怪奇村の少し先、マップの端に家二軒と井戸のみのどエラい過疎村が海に浮いていたのでした!
(この頃はまだ愛馬茶玉号がいたのか、とスクショで確認。)


家の玄関は海底から7ブロックほど上なので、村人も外にでることなく
外敵が侵入することもなく暮らしていたようです。
そこに、出入り可能な最低限の足場を付けて、お邪魔したところ、大きな家に白衣の村人。


こちらは今回久々に訪れたときのスクショ。
そうそう、小さな家には茶色の農民村人がいたんでした。
ちょっと今日は、お宅から夜釣りさせてもらうね!
ということで、到着時には夜になってしまいましたが、周辺はほぼ海だし敵もスポーンしないだろうとたかをくくって釣りをしていると、
「ヴァー…ヴァー…!」と、ゾンビの声が!
まさかと思って外に出ると…


やっぱり来た!おのれゾンビめ!
対岸の地上でスポーンしてこっちに気付きおったな!
この村人は私が守るっ!
…と気合いを入れてゾンビ数体を駆逐したのに、どこからかゾンビと村人の格闘音が!!
まっ、まさか!!


やっぱりーーー!!!
隣の大きな家の白衣村人が!!!
おのれゾンビめ!この村人たちはただ平和に暮らしていただけじゃないか!
自分でも外に出られない高さに家をたてて、外界との繋がりをも絶って暮らしていたじゃないか!!
それを勝手に家まで入って…
家まで入って…って…

家に入れる足場を作ったの…
Σ自分やないかっ!!!


Σ白衣さぁぁぁーーーーーーーーん!!!!!!!!
くそぅ…くそぅ!!手遅れだった…!!(自分の所為です)
ゾンビめ…お前だけは絶対に許さない!!(自分の所為です)


農民村人「…とるこさん…となりのあいつは…?」
とるこ「…。」
農民村人「…(察した)!!…ここももうじき追っ手(ゾンビ)が来ます、とるこさんも逃げてください!」
とるこ「…なにを言い出すんだ!」
農民村人「奴らの目的は僕ら…いや、もはや僕ひとり。僕が奴らをひきつけている隙に…!」
とるこ「そうはいかないぜ!!」
ここでおもむろに武器を構え、ザッと外に向かうとるこ!!


とるこ「お前の命は私が守る!あのスケルトンからも!」
ザシュッ!!カランカラン!!
闇のなかにスケルトンの遺骨の散る音が響く!
農民村人「…とるこさん!!」


とるこ「そしてこのクリーパーからもって近い近いぎゃーーーーーー!!!

…というわけで、尊い犠牲を出しましたが、この日もイカは見つからないのでした…。



…ところで、脳内茶番モードでの更新、面白いかもしれない…。
(とるこは脳内茶番のスキルを身につけた!!)

スポンサーサイト

カテゴリ: 地上探検

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

コメント

△page top

コメントの投稿
Secret

△page top

プロフィール

最新記事

建築候補アンケート

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。